FAQ

FAQ

登録証の有効期限はなぜ3年なのですか?

認定を受けた認証機関は、ISOが定めた規定(ISO/IEC 17021:2015 “Conformity assessment - Requirements for bodies providing audit and certification of management systems”(注))に基づき審査を行う義務があります。
その規定によりサーベイランス審査を1年に1回、更新審査を3年に1回実施すること(9.1.3)が求められています。審査は初動・本審査に始まり、サーベイランス審査T、サーベイランス審査Uを経て3年目の更新審査で一サイクルが完結します。この更新審査の際には認証更新が必要となり、その度に一サイクルの期間である3年間の有効期限を示した登録証が発行されることになります。

(注) JIS Q 17021:2015 “適合性評価 – マネジメントシステムの審査及び認証を行う機関に対する要求事項−第1部:要求事項”

↑このページのトップへ