ファシリティマネジメント(ISO 41001)

  • セミナーリスト
  • お問い合わせ
  • 見積り・申し込み

ISO 41001の概要

ISO 41001は、現場レベルでのPDCAに加えて、組織全体の目標からファシリティ(組織体が使用する施設:建物、学校、病院、プラントなど、及び利用する人の環境:執務空間・居住空間、地域環境など)管理の目標・計画・実施からその評価・改善に至る組織全体のPDCAサイクル、及びそのサイクルを適切に回転させるための支援の仕組みを含めたシステム全体をまとめた国際規格です。
ISO 41001認証の取得メリットを次に示します。
➢ マネジメントの効率化・高度化
➢ マネジメントに関する説明責任とCSR強化
➢ ファシリティを利用する人々への貢献
➢ 国際競争力の強化
ISO 41001にでてくる代表的な用語について説明します。
用語の定義は、ISO 41011より抜粋しています。

  • ファシリティ:組織のニーズに供するために、建設され、設置され、そして構築されたアセットの集合
    ファシリティの主な例を表1に示します。

  • 表1.ファシリティの例

    建物

    学校

    病院

    図書館

    プラント

    居住空間

    オフィス空間

    地域環境
  • ファシリティマネジメント方針:組織目的、組織目標に沿ったファシリティマネジメント分野での方針
  • ファシリティマネジメント目標:ファシリティマネジメント方針に沿った具体的なファシリティマネジメント分野での目標
  • ファシリティマネジメント計画:ファシリティマネジメント目標を達成するための、設備・施設の管理、設置、改築などの活動や資源の計画

↑このページのトップへ

ISO 41001の構成

ISO 41001の構成を表2及び図1に示します。

表2.ISO 41001の箇条とPDCAの構成

PDCAファシリティマネジメントシステムの運用手順規格の箇条番号
Plan組織ビジョンの確認4.1、4.2
ファシリティマネジメント方針の策定5.2
ファシリティマネジメントシステム構築のための組織整備5.1、5.3
ファシリティマネジメントシステムの構築4.3、4.4
ファシリティマネジメント計画の策定6.1、6.2
支援要素整備7.1、7.2、7.3、7.4、7.5.1、7.5.2、7.5.3、7.5.4、7.6
Doファシリティマネジメント計画の実施8.1、8.2、8.3
Checkパフォーマンス評価(プロセス)9.1
パフォーマンス評価(マネジメント)9.2、9.3
Action改善10.1、10.2、10.3

図1.ISO 41001におけるマネジメントシステムの構造

↑このページのトップへ

ISO 41001の普及状況(2018年10月12日現在)

JACO(株式会社 日本環境認証機構)でISO 41001認証を取得された組織(1組織)を表3に示します。

表3.日本におけるISO 41001認証取得組織

認証取得団体ファシリティと事業内容
イオンディライト株式会社
IFMグローバル営業本部
TPC-IFM支店 TPCヘルプデスクセンター
インテグレーテッド・ファシリティマネジメント事業
(FMヘルプデスク、食堂関連サービス、設備保守、植栽、清掃及び事務代行)

図2.登録証授与式

イオンディライト

関連リンク:イオンディライト株式会社
https://www.aeondelight.co.jp/news/201809_fm%ef%bc%8diso-%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9.pdf

↑このページのトップへ

今後の展開

ファシリティマネジメントの普及拡大
日本の現在のISO 41001認証取得状況は、表3のとおり国内初の認証をイオンディライト様が2018年9月14日に取得されました。今後、国や各省庁において注目され始めたファシリティマネジメントが、ISO 41001:2018のJIS化と相まってこれからの日本で重要な役割を持っていくことが予想されます。

JACOの取り組み
人材育成
効果的なFMSを構築、運用するためには、審査員、コンサルタント、そして自治体や企業で実際にFMSに携わる人材の育成が必要です。そこで、JACOでは以下の研修コースを開発しました。
 @ ファシリティマネジメントシステム規格解説コース1日
 A ファシリティマネジメントシステム内部監査員養成コース2日

↑このページのトップへ