履歴一覧

〜お客様の声を掲載〜 2018年9月14日 明電ファシリティサービス株式会社様が下水道施設に関する包括委託業務及び技術提案でアセットマネジメントシステム(ISO 55001)認証取得

 明電ファシリティサービス株式会社(代表取締役社長 石井 清弘)様は明電グループの一員として、上下水道施設、ビルや工場等様々な業種の運転管理、エネルギー管理、およびメンテナンスを主な業務としています。
 下水道施設に関する包括委託業務及び技術提案を登録範囲として、ISO 55001(アセットマネジメントシステム)の認証を取得され、2018年9月27日 東京本社にて認証登録証授与式を開催されました。尚、明電ファシリティーズ株式会社様は「管理部」、「営業第一部」、「技術部」及び「飯能主幹事業所」を認証組織とされています。
 今回の国際規格ISO 55001の認証取得による効果として施設・設備の機能を最大限発揮する中で更なる管理運営の効率化とライフサイクルコストの低減が期待されます。


ISO 55001認証登録証の授与式
(左:JACO 立上社長、右:明電ファシリティサービス 石井社長)


お客様の声(明電ファシリティサービス株式会社 取締役 技術部長 村上英樹様)
 明電ファシリティサービス株式会社は上下水道施設のオペレーション&メンテナンス及び包括維持管理をコア事業として全国で展開しています。昨今の上下水道を含む公共施設では「設備の長寿命化」や「施設の再構築」が重要な課題となっており、当社が提供するサービスにもアセットマネジメント手法を取り入れる事が必要であると考え、ISO 55001の認証を取得しました。
 審査を進めていく過程でJACO様が開催するセミナーにも参加し、アセットマネジメントの理解が深まり、今回認証を取得した事であらためて「当社に求められる社会的責任」について、従業員の認識向上につながりました。
 今後はアセットマネジメントシステムの仕組みを充実させ、アセットオーナー様の設備価値の向上やライフサイクルコスト低減につながる提案を拡大し、お客様に満足頂ける高品質なサービスを提供する企業を目指していきます。

関連リンク:明電舎http://www.meidensha.co.jp/news/news_03/news_03_01/1228958_2469.html

↑このページのトップへ