履歴一覧

〜お客様の声を掲載〜 2018年10月26日に明電舎様が水道施設に関する包括委託業務及び技術提案でアセットマネジメントシステム(ISO 55001)認証取得

 株式会社明電舎(取締役社長 三井田健/東京都品川区)と100%子会社である明電アクアビジネス株式会社(代表取締役社長 関竜也/東京都品川区)は、2018年10月26日にアセットマネジメントシステムの国際規格である「ISO 55001」の認証を取得し、2018年11月15日に登録証授与式を明電舎で行われました。

 登録範囲は水道施設に関する包括委託業務及び技術提案で、国内重電メーカーとして初の認証取得となります。今年9月には明電ファシリティサービス株式会社様が下水道施設に関する包括的委託業務及び技術提案を範囲として取得しており、今回の認証は明電グループとして2度目の取得となります。

 株式会社明電舎 水インフラシステム事業部、PPP事業推進部(技術推進課、業務統括課及び業務統括課 須賀川分室)並びに明電アクアビジネス株式会社 業務部 須賀川分室を登録組織名称とされました。


ISO 55001認証登録証の授与式


左:明電アクア 取締役社長 関 竜也
中央:JACO 代表取締役社長 立上和男
右:明電舎 水インフラシステム事業部長 岡本洋介

お客様の声(株式会社明電舎 水インフラシステム事業部長 岡本洋介様)

 当社の事業の柱の一つとして社会インフラ構築に関する事業展開を行っており、当事業部は水インフラに関するシステム構築及びPPP事業に携わっております。
 高度成長期以降に整備した社会インフラの急速な老朽化が懸念されているので、上下水道分野においても、アセットマネジメントの取組みが必要とされています。
 所期の機能を継続的に発揮していくうえで必要な要求事項がまとめられたISO 55001に則った適切な維持管理及び技術提案を実施し、計画的かつ効率的な施設整備につなげることが、社会インフラへの貢献に寄与出来るものと考えました。
 事業体のベストパートナーを目指し、さらなる官民連携の強化と社会インフラの「安全」「強靭」「持続」に貢献してまいりたいと考えております。


関連リンク:http://www.meidensha.co.jp/news/news_03/news_03_01/1229359_2469.html

↑このページのトップへ