社長メッセージ

社長メッセージ

代表取締役社長 立上 和男

 株式会社 日本環境認証機構(通称:JACO)は当時の電機・電子10社及び2工業会により1994年11月に設立されました。以降「安全・安心な社会づくりに「認証」で貢献します。」を経営理念に、製造業をはじめとして情報・食品・流通サービス・商業・金融・再生業・食品・学校・行政機関等を含めあらゆる産業分野の組織様に対して総合認証機関として環境、品質、情報セキュリティ、労働安全衛生、食品安全など、多様なマネジメントシステムの認証事業と、それらに関する研修事業を提供してまいりました。
また、十数万人の大規模組織から数人の小規模組織まで、さらにはグローバル数百拠点から単一拠点まで様々な組織様の形態に合わせた有効で効率良い審査や複数のマネジメントメントシステムの統合審査を開発してきました。

 さらに、従来から培ってきたマネジメントシステム開発ノウハウを生かし、新たに社会インフラを対象とする「アセットマネジメントシステム(ISO55001)」を2013年度に日本でいち早く開発導入するなど、新たな規格の適用に積極的に取り組み、お客様の幅広いニーズにお応えしています。

 一方、これらの審査をより有効なものとするためにはお客様とのコミュニケーションが重要です。このため、JACOではお客様相互の交流の場として、「ISO友の会」を運営しています。基調講演、事例発表を中心とした春のJACOフォーラムのほか、秋の研修会、環境研修ツアー、環境法令通知サービスなど、JACOからの情報提供やお客様からの活動事例紹介などにより交流を深めています。

 マネジメントシステムはISO14001や9001の2015年度規格改訂等で、より一層経営との密着が要求されてきました。認証の取得は、あくまでスタート地点にすぎません。私たちJACOは、お客様の発展の為に「認証を事業活動に活かすこと」に全力を尽くしていきます。
「認証の取得をゴールにしない。」をキーワードにJACOは、これからもお客様との絆を大切にし、「現場力」「サポート力」「グローバル力」「開発力」を強みに積極的に活動してまいります。

今後とも、JACOをご活用頂けますよう、よろしくお願いいたします。

JACOの特長と強み

↑このページのトップへ